東芝MRI Vantage Titan™ 3T

● 製品について

【Everyday Clinical Use 3テスラの診断力が、ルーチン検査で活かされます】
開口径71cmのオープンボアや高精細な画像が得られる「Multi-phase Transmission」、MRシグナルを効率よくキャッチする「Atlas SPEEDER™」など、臨床ニーズに応える3テスラMRIです。強く、やさしく、高精細に。3テスラの診断力が、ルーチン検査で活かされます。

● 特長

●開口径71cmのOpen Boreを実現。大柄な方、小児、高齢者など、より多くの患者さんに3T MRI検査を受けていただけます。
●3T MRIの課題だった腹部や骨盤領域の画像ムラを解消。あらゆる部位で高精細な画像が得られます。
●多列化したエレメントと、最大128チャンネルの受信システムで、MRシグナルを効率よくキャッチします。
●Conformテクノロジーによる高均一静磁場と、Multi-Phase Transmission技術による優れたRF強度分布の均一性の融合により、躯幹部の非造影MRA画像を、高精細に実現します。
●ユニバーサルデザインを考慮して開発された、ユーザインターフェイスM-powerを搭載。
●Atlas SPEEDERが3T MRIの優位性を最大限に引き出し、高SNで高分解能の頭部MRA画像を描出します。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。