臨床化学自動分析装置 TBA™-c16000(Lowタイプ)

● 製品について

【生化学から免疫へ。新たな流れをTBA™-c16000が提案します】
1本の採血管で生化学から免疫血清まで連続して効率よく検査することを可能にし、検査室トータルでの時間短縮を目指した新たな検査の流れを提案する新コンセプトの高速ランダムアクセス自動分析装置です。

● 特長

●検体を「インテリジェントラックサンプラー」にセットすると、自動的にピックアップされ、測定がスタートします。
●検体間キャリーオーバを0.1ppm以下に低減。分注小分けせず1本の採血管で生化学検査→免疫血清検査の流れを可能にしました。
●免疫測定オプションにより測定項目を拡張。検体をセットするだけで生化学項目と免疫血清項目が連続的に測定できます。
●最終反応液量わずか80μLからの測光を実現。
●機能は標準タイプと同様で、装置の高さを低くしたモデルです。搬送接続運用のニーズにも柔軟に応えます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。