画像解析システム Hyper Q-Net S
製造販売企業:株式会社日立製作所

● 特長

●撮影された画像は、バックグラウンドでHyper Q-Net Sの端末に自動転送されるため、撮影と並行した解析処理が可能です。
●解析処理機能は、各種3D処理やMPRに加えてCEV-CPR(血管解析)も標準搭載されており、これら全てが本体コンソールと同じ操作性であるため、どちらの環境でもストレス無く使用することができます。
●Hyper Q-Net Sの端末を操作室に置いて解析専用のサブコンソールとして、また別室でインフォームドコンセントで使用するなど、簡単に院内の画像ネットワークを構築することが可能です。
●CDやDVDなど、PCで利用可能な様々なメディアにCT画像と画像表示ビューワを出力することもできます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。