脳脊髄膜炎起炎菌莢膜多糖抗原キット PASTOREX® メニンジャイティス

● 製品について

本品の測定原理はラテックス凝集法であり、検体中の髄膜炎起因菌を検出します。
ラテックス粒子には、Haemophilus influenzae b型、Streptococcus pneumoniae(83の血清型)、Streptococcus B群およびNeisseria meningitidis A群、B群/Esgerichia coli K1、C群、Y/W135群の可溶性抗原に特異的な抗体が感作されています。検体中に髄膜炎起因菌の可溶性抗原が存在すると抗原抗体反応により凝集を示します。凝集の有無を肉眼で判定して髄膜炎起因菌を検出します。

● 特長

●血清、脳脊髄液、胸水、尿又は培養コロニー中の髄膜炎起因菌の検出用
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。