多項目自動血球分析装置 XS-1000i

● 製品について

【このサイズで白血球5分画を実現】
本装置は、電気抵抗検出法(シースフローDC検出法)、SLSヘモグロビン法、半導体レーザーを用いたフローサイトメトリ法により分析を行っています。

● 特長

●XSシリーズは、シスメックスのハイグレード装置XEシリーズと同じ蛍光フローサイトメトリー法を採用。
●核酸蛍光染色技術とフローサイトメトリー技術を融合させた原理の採用により白血球を高精度に分析します。
●専用試薬により、蛍光色素で白血球を核酸(DNA・RNA)染色。核酸量を反映した分析は、幼若白血球の検出能力に優れた高いフラッギング性能を備えています。
●光源には長寿命で安定した半導体レーザを搭載し、ダウンリスクを軽減・消費電力を抑制し、立ち上げ時間も迅速です。
●本体の設置面積は、ほぼA3サイズのコンパクトサイズ。白血球5分類が可能な装置としては今までに無かったサイズです。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。