全自動血液凝固測定装置 CS-2000i

● 製品について

【最先端のテクノロジーが幅広い有用性と信頼性の高いデータを提供、さまざまな検査ニーズにお応えします】
シスメックスがこれまで血液凝固線溶分野で培った経験と実績をもとに、検査室のさまざまなニーズを先取りして開発された“New concept device”それが、CS-2000iです。凝固法、合成基質法、免疫比濁法、そして凝集法の4測定原理を備え、処理能力、検査精度、操作性において新次元のパフォーマンスを提供します。幅広い検査業務に対応し、フレキシビリティとメンテナンス性にも優れたCS-2000iは、新時代のヘモスタシスの総合分析装置として威力を発揮します。

● 特長

●マルチウェーブ検出方式により、反応プロセスを5波長で検出します。
●5検体分の緊急検体専用ホルダー、およびラック割り込み測定機能が搭載されています。
●わかりやすい簡単操作を実現しています。
●X-bar管理とL-J管理の2種類で、750の精度管理ファイルの記憶が可能です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。