全自動尿中有形成分分析装置 UF-1000i

● 製品について

【尿沈渣が変わる、検査室を変える】
血尿診断ガイドラインにおいて、血尿判定には正確な赤血球数の測定が大変重要であることが示されています。また、血球数や細菌数の測定は尿路感染症の薬効評価にも重要な役割を果たしています。UF-1000iは、尿路感染症や腎・泌尿器系疾患の診断・治療に役立つ情報を提供します。

● 特長

●進化した定量技術が、効果的に診断を支援
●新開発のアルゴリズムが、赤血球と白血球の高精度分析を実現
●核酸染色による独立チャンネルの採用により、微小な細菌を高精度に分析
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。