永田氏隅角癒着解離針 アングル型 M-580C(他)
製造販売企業:株式会社イナミ

● 製品について

灌流付きで隅角を押し広げつつ広範囲を解離します。

● 特長

●粘弾性物質のシリンジを接続し、前房内へ挿入させます。
●隅角プリズムを利用しつつ、広範囲(左側解離:1時から5時程度、右側解離:7時から11時)の隅角の癒着を解離することが可能です。
●出血や前房が浅くなることなどが発生した際には粘弾性物質や灌流液を注入し、隅角を押し広げることが可能です。
●22Gと25Gタイプがあり、それぞれ右側解離、左側解離用を用意しております。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。