経内視鏡的胆管用ステント フレクサス
製造販売企業:日本メディカルネクスト株式会社|製造企業:コンメド社(アメリカ)

● 特長

●ユニークなデリバリーシステムにより、さらに正確で確実なステント留置が可能です。
●ブレードを埋め込んだ7.5Frデリバリーシャフトは追従性に優れ、ステントがマウントされた状態でもフレキシブルでキンクしにくく、確実なアプローチが可能です。
●アウターシース先端の柔らかなショートティップは、安全で確実なデリバリーの挿入を容易にします。
●インナーカテーテルのホワイトマーカーにより、ステントの近位端が内視鏡下で確認でき、ファーター乳頭側での位置決めを容易にします。
●アウターシース先端をテーパー状にすることにより、インナーカテーテル先端のテーパー状のティップを取り去りましたので、ステントリリース後のデリバリーシステム抜去時にティップがステントに引っかかることなくスムーズに抜去できます。
●ステント両端のタンタルマーカーは、視認性が高く、さらに正確な留置を可能にします。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。