胸部診察シミュレータ Harvey®

● 製品について

【トレーニングの成果が実際の患者に活かせることが公的研究機関によって証明された、心臓疾患診察シミュレータ】
心音聴診の世界的大家Dr.W.ProctorHarveyからその名をとった胸部診察用等身大シミュレータHarveyは、マイアミ大学医学教育研究センターのDr.Michael S.Gordonによって1968年に発表され、40年におよび心疾患の診察教育に使用されています。

● 特長

●1台で心音と呼吸音を同時に聴診
●心音聴診9箇所、呼吸音聴診6箇所、前胸部触診4箇所、脈拍触診(視診)10箇所
●高音質デジタルサウンドによる心音と呼吸音
●超精密アクチュエータで微小な拍動を正確に再現
●医学教育・看護教育用カリキュラム提供
●グループ実習に適したワイアレス聴診器(オプション)
●マイアミ大学医学部 医学教育研究センター Dr.Michael S Gordon開発
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。