腹腔鏡内視鏡シミュレーターシステム SIMENDO Laparoscopy

● 製品について

【高度で低侵襲のHand-eye座標を維持するために、手術を行う医師のトレーニングを行うことの出来る、効果的なシミュレータです。】
SIMENDOシミュレータは、手術を行う医師に対して内視鏡のスキルの向上を手助けします。この目的で、SIMENDOは基本手術、婦人科、泌尿器科、整形外科などに関するバーチャルボックストレーナー環境を使用します。

● 特長

●興味を誘うエクササイズとバーチャルリアリティの組み合わせにより、SIMENDOは、様々な手術用の効果的な基本スキルトレーニングシステムとなる
●鉗子左右2組のコンパクトな機器
●内蔵トレーニングカリキュラムが付属
●オンラインでカリキュラムの結果把握
●角度付内視鏡ハンドル(30°)の訓練
●自動評価点フィードバック、改善点指摘
●USBコネクタ付
●簡単でユーザーフレンドリーなソフトウェア(SlMENDO Box内にソフトウェアインストール済)
●ソフトウェアアップグレード(1年間)及びエクササイズの追加が可能
●オランダデルフト工科大学 J.Dankelman, MSc. PhD., エラスムス・メディカル・センター L.P.S. Stassen, MD. PhD開発
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。