X線フィルムディジタイザ(DICOM基本システム) DIAGNOSTIC PRO Advantage
製造販売企業:日本バイナリー株式会社|製造企業:VIDAR Systems Corporation社(アメリカ)

● 製品について

光学密度0〜4.0吸光源スポットサイズ44μは、米国食品医薬品局(FDA)推奨の50μの基準をクリアして、マンモグラフィ検診支援にも対応、微小石灰化現象を見逃しません。

● 特長

●画像の各シリーズ構成編集
●マトリックスのCT/MR画像自動分割
●25枚オートフィーダ付(混合サイズ可)
●高品位CCD搭載
●DICOM保存機能付
●画像切り抜き、画像回転、拡大・縮小が可能
●患者情報の作成
●オプションで用意のDOME 5Mモニターとのコラボレーションで乳房検診にも活躍
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。