胆汁・ドレナージバッグα

● 製品について

経皮胆管ドレナージ法(PTCD, PTBD)など術後の採液バッグとして、またはその他の排液バッグとしてご使用いただけます。
1バッグ毎に3種の接続管が添付されていますので、術後を含めどんな状況にも適合し安心してご使用いただけます。

● 特長

●低床ベッドでご使用の場合でも、バッグが床面に接触しません。感染防止にも役立ちます。
●採液に必要な用具一式が滅菌包装され、必要なときいつでも安全に使えます。
●容量目盛付で液量とバッグ内の観察ができます。
●逆流防止弁で内容液の逆流は防止されます。
●排液の時間短縮として、内径10.5mmの太径排液チューブを採用。粘性の液でもきわめてスムーズに排出します。排液チューブは収納型にしました。
●ロックリング付接続管の他、TPX製の透明接続管2種が付属されていますので、どの状況でも接続可能です。
●バッグ上部には補強板が入っていますので、吊り下げた状態でのバッグの捻れがありません。
※感染予防のため、7〜10日間を目安に新しいバッグと交換してください。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。