血小板粘着能測定用 プラビーズカラム 50カラム/30カラム

● 製品について

血小板粘着能は血栓止血形成の第一歩であり、その測定は血小板機能を知るうえで非常に重要であります。現在、血小板粘着能の検査方法としては一般的にガラス表面に対する粘着・凝集をみる方法がありますが、ガラスは生体異物であり、より生理的な測定方法の開発が望まれていました。プラビーズカラム」は、血管内皮下組織の主成分であるコラーゲンI型をプラスチックビーズにコートした新しい検査方法です。

● 特長

●Disposable製品です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。