脊柱計測分析器 スパイナルマウス

● 製品について

【脊柱のさまざまな要素を正確に計測しコンピュータで分析】
背骨に沿って動かすだけで、脊柱の形と動作範囲を正確に計測します。
起立姿勢だけでなく、矢状面では前屈および後屈、前額面では左右の側屈を計測して、総合的に判断できます。被爆もなく、再現性も確実、すべてコンピュータで指示され操作も簡単です。

● 特長

●従来の方法で測りづらかった動作範囲を計測し、図として表示できます。
●胸椎後彎角、腰椎前彎角、仙骨傾斜角、さらに、隣接する椎体間の角度まで簡単に測ることができます。
●すぐにパソコンで分析できるのも大きな利点の一つです。
●リハビリ中の患者の場合、リハビリ経過を随時比較評価することもできます。
●レントゲン撮影が要所要所で必要になるだけとなり回数も減らせますので、被曝の危険性が減り、身体に与える影響がありません。
●矢状面・前額面・フリーモード計測
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。