放射線治療計画用ソフトウェア Eclipse

● 製品について

【速度・柔軟性・ケア品質の向上を追求した設計コンセプト】
Eclipse™ 治療計画システムは、外部照射(光子線、陽子線、電子線)、低線量率小線源治療、コバルト治療などの放射線治療技法に対応した、包括的な統合型システムです。
新バージョンであるEclipse 15.5では、より速く、より柔軟に、そしてより高度なケアを実現する機能が新たに加わっています。Varian社製リニアックと組み合わせて使用することで、お客さまが既存の装置を可能な限り有効活用し、患者さまに可能な限り高品質なケアを提供できることを設計コンセプトとして開発されたものが、このEclipse 15.5です。

● 特長

●Eclipse 15.5では、これまでのバージョンと比較して、治療計画の作成に要する時間を大幅に短縮できます。GPU(Graphics Processing Unit)に対応したアルゴリズムを使用することで、線量計算が完了するまでの待ち時間を短縮でき、日々の貴重な時間を他の治療計画タスクに充てることができます。
●Eclipse 15.5では、治療計画の微調整が可能となり、一人ひとりの患者さまに適した治療計画の作成が可能です。また、既存の計画立案プロセスを変更することなく、リスク臓器とターゲットの最適なトレードオフ関係を様々な角度から、簡単かつ効率的に検証できます。
●一人ひとりの患者さまに適した治療計画を実現するEclipse 15.5は、先進的な技術やソリューションを活用した患者ケア品質の向上を目指す施設にとって、重要な役割を担うものとなります。
●Photon Optimizationが新しくなったほか、MCO(Multi-Criteria Optimization)に新たに対応しました。MCOを使用し、臨床基準の条件を変えた場合にどのような計画になるのかを検証できるようになったことで、治療計画の最適化における柔軟性が格段に高まっています。
●GPUに対応したことで、線量計算とインバースプランニング(逆方向治療計画)の最適化にかかる時間を短縮し、速度が劇的に向上しました。
●直感的に操作できる Windowsベースのインターフェースを採用しており、簡単な設定とドラッグ&ドロップ操作で臨床現場の生産性を高めることができるように設計されています。また、先進的な自動処理ツールを搭載するEclipseを使用することで、複数台のリニアックをまたいで計画の作成、インポート、最適化を行うことができます。
●EclipseをARIA® OISに組み込むことで、スムーズでシームレスな統合ワークフローが実現します。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。