皮膚良性血管病変治療用レーザー装置 Vbeam
製造販売企業:シネロン・キャンデラ株式会社|製造企業:Candela Corporation社(アメリカ)

● 製品について

【血管腫治療のゴールドスタンダード。】
Vbeamは、より深達性の優れた波長を有し、可変できるパルス幅、それに加えて表皮での熱損傷を極力抑えるために開発された冷却システムを装備しているレーザー装置です。
従来のダイレーザーでは十分ではなかった治療効果を、さらに進化させるよう工夫された機能を備えています。

● 特長

●Vbeamのレーザー波長(595nm)は、従来のダイレーザー(585nm)に比べて皮膚深達性に優れており、より深層の血管や口径が太い血管にも有効です。また血管の中心部にまで光エネルギーが伝わりやすくなっています。
●Vbeamは、サブパルスを組み合わせてパルス幅の長さを0.45msecから40msecまで調節でき、毛細血管の熱緩和時間に応じてパルス幅を適宜設定することが可能です。
●ダイナミッククーリングデバイス(DCD)内蔵で、レーザーパルスに同期し、レーザー照射直前に-26℃の寒剤を吹き付けて皮膚を保護します。
●FDA認可
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。