スタッカート人工心肺装置S5 ヒータークーラーシステム 3T

● 製品について

ヒータークーラーシステム3Tは、手術室でオペレーターが完全に独立して冷水・温水を供給できる装置です。パフュージョニストはこれにより迅速に患者さんの体温と心筋保護液の温度を調整できます。この装置は3つの個別の水槽と3つの熱交換水回路を持ち、これらを別々にまたは同時に使用することができます。回路1および2は同じ温度の設定で操作され、患者の体温を調整します。回路3は独自の冷水槽と温水槽で心筋保護液と血液の冷却および加温を行います。冷水槽と温水槽の温度は予め設定することができ、術中いつでも変更することができます。これらのユーザーフレンドリーな機能により、冷水または温水をタイムリーに供給することが可能です。

● 特長

●冷却時間を短縮するために水槽を小型化
●スピーディな温度変更を実現するため、心筋保護用の水槽を冷水槽と温水槽と個別化
●冷却用にコンプレッサーを搭載
●安全性を配慮し、水槽温度は臨界値を超えないように制御
●2つのチャンバーポンプで熱交換器内の圧力を軽減
●熱交換器とチューブから本体内蔵の吸引ポンプによりドレーンが可能に
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。