眼科向け電子カルテシステム MediUS

● 製品について

【眼科専用の電子カルテシステム】
MediUS電子カルテでは、眼科診療のワークフローに沿ったシステムを構築する事により、現用の紙カルテへの運用を崩さずにシームレスな電子カルテへの移行が可能です。受付→検査→診察→会計といった一連のワークフローをカバーし、ドクター及びスタッフの日常診療行為を効率よく、円滑に運ぶことが可能になります。検査データの取込み、閲覧機能はビーラインのファイリングソフト(EyeBaseNetSystem)を基盤として制作。今すぐ調べたい、見たい、比較したいといった要望を可能にするのがMediUS電子カルテです。

● 特長

●スムーズな受付処理
●2号紙イメージでのカルテ表示と記載
●患者の待ち状態を一覧から瞬時に把握
●ファイリング機能による検査画像、数値データ取込み
●処置・検査・薬剤処方等はセットやDo機能でスピーディに登録
●画像の拡大比較や数値のグラフ機能等の充実したファイリング機能
●会計業務はレセコンとシームレスに連携
●シェーマや文言登録機能で簡単に所見を登録
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。