REMORGIDAアンギュレーティングフック電極 K26785 RL
製造販売企業:エム・シー・メディカル株式会社|製造企業:カールストルツ・エンドスコピー・ジャパン株式会社(日本)

● 製品について

腹腔鏡において難題の1つは、腹壁に固定されたトロカールに起因するオペレーティングインスツルメントの操作角度が制限されていることです。通常、この問題の解決には理想的なアングルを得るためにトロカールポートの追加的措置が必要となります。
新たに開発されたREMORGIDAアンギュレーティング・モノポーラ電極は、シャフト軸に対して電極先を最大15°まで連続可動することができるため理想的なアングルで対象組織へアクセスすることが可能になります。

● 特長

●先端電極が15°まで連続的に可動します
●電気メス用コードは器具の後方一直線上に接続されるため、器具の干渉がなく手術操作を妨げません。
●簡単なハンドル操作
●クリーニングポート付
●オートクレーバブル
●マルチパンクチャーアプローチ
●トロカールサイズ6mm用
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。