ダンピング・デバイス R.O.S.E™

● 製品について

【アンダーダンピングによる不正確な血圧波形を安全かつ容易に解決します!】
R.O.S.E™(Resonance Over-Shoot Eliminator)は血圧モニタリング・システムにおいて、アンダーダンピング(制動不足)によって生じる収縮期圧の共振を取り除くよう設計されたダンピング・デバイス(共振除去装置)です。
R.O.S.E™はシステムの共振周波数を低下させずに内蔵されている校正済みのレジスタで一定のダンピングを与えてオーバーシュートを取り除きます。

● 特長

●ローズは、通常使用されているモニタリング・ラインの導管系の長さ(約90〜180cm)に合わせて設計された、ダンピング・デバイスです。
●ローズは、血圧トランスデューサの近くに装着するだけです。
●ローズは、無調整で最適なダイナミック・レスポンスを提供し、アンダー・ダンピング状態の圧波形を改善します。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。