MarXmen™ 半月板縫合デバイス

● 製品について

ZipLoop™技術とは、1本のポリエチレンブレイド糸が自身の中間部の撚りの中に、2つの自由端をそれぞれ反対方向から通す、ユニークな編み方を指します。この構造体は、個々の患者さんに要求される長さ、テンション及びコンプレッションに対応することができる革新的な製品の開発を、Biomet Sports Medicine社にもたらしました。ZipLoop™技術を応用した製品は、ノットを作成しなくても伸張を防ぎます。

● 特長

●縫合糸と同じ素材のみで作られた、All-insideの半月板縫合デバイスです。
●ZipLoop™テクノロジーにより、半月板の上にノットが出来ません。
●水平、垂直どちらの縫合にも対応可能です。
●縫合糸は2-0MaxBraid™(高強度ポリエチレンスーチャー)を使用しています。
●カニューレ先端形状はストレートとカーブの2種類を用意しています。
●縫合糸素材のインプラントを挿入・留置するニードルスレッドは、2mm刻みで半月板に刺入する深さを調節できます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。