セーフラベルシステム™ SLS500i™

● 製品について

【複数の規格に準拠したラベルをプリントする最新のソリューション】
手術室での麻酔投薬をはじめシリンジのラベルを準備し、使用する場面において、安全性と効率を高めます。この先進的なシステムは、シリンジに麻酔薬を準備するワークフローを大幅に改善します。SLS500iで薬品のバーコードをスキャンすると、薬剤名、薬剤濃度を画面に表示し、同時に音声でも読み上げます。音声が出ることで周囲の複数のスタッフも聞くことができるので、手術室という環境での安全性向上に有用です。このシステムで印刷したフルカラーラベルは、米国麻酔科学会(ASA)のカラーガイドライン、米国合同委員会(TJC)の示す米国患者安全のために要求される内容に準拠しています。また、ラベルにあるすべての情報は、ラベル上の二次元バーコードに記録されています。これをスキャンすることで、麻酔記録システム(AIMS)やその他の病院情報システム(HIS)との連携も可能です。

● 特長

●薬剤名と濃度を画面だけでなく、音声でも確認
●使用禁止薬剤を、画面と音声の両方でアナウンス
●病院固有の使用薬剤を登録が可能(オプション機能)
●使用期限を自動計算して印刷
●TJC(米国合同委員会)の基準、ASA(米国麻酔科学会)のガイドラインに準拠
●SLS500iの薬剤ラベルは、ISO26825およびASTM4774規格の定義によるすべての薬剤クラスガイドライン(カラーリング)に準拠した内容を表示
●単体での使用に限らず、AIMS(麻酔記録システム)のワークフローやシステムの一環として賜与えできる機能を搭載
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。