人工膝関節 ジェネシスII トータルニーシステム フェモラルコンポーネント(ノンポーラス)

● 特長

●外側よりに偏移させたパテラグルーブのデザインは、全ての可動域において、解剖学的に膝蓋〜大腿関節運動により近いパテラトラッキングを提供します。
●内外側両後顆の厚さを違えることで、大腿骨後顆を3°外旋させた状態になるように設計されています。
●後顆半径を小さくすることで、エッジローディングや側副靱帯の過剰な伸長を引き起こすことなく深い屈曲を可能にします。
●フェモラルコンポーネントを外旋して設置した際に発生しやすい大腿骨外側前方皮質のノッチの発生や、ティビアルコンポーネントとのアライメントの不均衡を低減するよう働きます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。