CT肺気腫計測ソフトウェア LungVision

● 製品について

LungVisionは、肺野全領域のCT画像(DICOM)を読み込み、ワンボタンクリックのみで肺気腫領域を3次元抽出、LAA%を求めることで痛んだ肺をビジュアル化します。3次元的に計測しているので肺野全領域における低吸収領域(体積)をLAVとし、その比率であるLAA%までを求められます。

● 特長

●肺野CT画像(DICOM)から“肺気腫”の画像所見である低吸収領域(LAA:Low Attenuation Area)を測定します。
●計測は3次元的に行われるため、肺の全体をより精度高く評価します。
●被験者に分かりやすいカラー画像レポートを即座に作成します。(ゴダード法CTスコアによる自動判定付き)
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。