人工肘関節 K-ELBOW ウルナコンポーネント(インターロック ロングステム)

● 特長

●工藤先生によるKUDO−Elbowタイプ1の開発以来、数々の優れた臨床成績が報告されている「工藤式人工肘関節」です。
(開発者:独立行政法人国立相模原病院 名誉院長 工藤 洋先生)
●非連結型(non-linked)です。
●表面置換型:骨切除量を最小限に抑えた、侵襲の少ないデザイン
●ウルナコンポーネント関節面のポリエチレンは、優れた臨床成績が報告されているArCom® ポリエチレンを、ダイレクトコンプレッションモールディング製法で加工しています。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。