人工膝関節 オックスフォードUKA ハイフレックスフェモラルコンポーネント

● 製品について

Oxford Partial Kneeは、十字靱帯の機能を有効に活用し、膝関節の安定性と運動性の回復を可能としました。また、メニスカル・ベアリングを採用することで、全可動域にわたって適合性と関節の接触面積を維持することにより、ポリエチレン摩耗や破断を最小限にするように設計されています。
このメニスカル・ベアリング(モバイルベアリング)の考えは1974年、英国Oxford大学のJohn GoodfellowとJohn O'Connorにより世界で始めて、提唱され、特許権を取得されています。

● 特長

●セメント・セメントレスのコンポーネントバリエーション
●患者さんの解剖構造に適合する5つのサイズ
●球形状のミリングより骨切除を軽減
●強度、耐久性、耐摩耗性に優れたコバルトクロム鋳造
●完全な球関節で適合性の高いデザインが可動域全域で接触応力を減少
●安全性を重視し、より成績向上のためにマイクロプラスティー手術器械を導入
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。