光干渉断層計 RS-3000 Advance
製造販売企業:株式会社ニデック

● 製品について

【高侵達・ワイドエリアスキャン】
眼球を観察、撮影または記録し、電子画像情報を診断します。

● 特長

●脈絡膜撮影モード(Choroidal Mode)により、脈絡膜をより詳細に観察することが可能となりました。
●患者眼の状態によってOCT感度を切換えることで、よりクオリティーの高い撮影像を取得可能です。
●9mm×9mmのワイドエリアをわずか1.6秒(レギュラー設定時)で撮影します。
●アイトレーサーの三つの機能“ポジショニング”・“トレーシング”・“オートショット”により、固視微動下でも狙った部位を高精度で捉えます。
●黄斑ライン撮影では、患者さんの固視の微動にあわせて同一ライン位置を自動追尾しながら撮影し続けることが可能です。
●過去に撮影したベースラインデータを元にポジショニングし、トレーシング・オートショットをおこないます。これにより容易に再現性の高いフォローアップ撮影が可能です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。