角膜形状/屈折力解析装置 OPD-Scan III
製造販売企業:株式会社ニデック

● 製品について

【インフォ・キャッチャー】
主に、角膜形状(トポ)と眼の屈折度(レフ)分布を測定する装置です。

● 特長

●広範囲な領域で測定された屈折度をウェーブフロント解析することで、見えづらさの要因をキャッチできます。
●“見え方シミュレーション”は、患者さんへのインフォームドコンセントに有用です。
●ウェーブフロントマップ・PSF・ゼルニケグラフなど、眼球全体の各種解析も可能です。
●見えづらさの要因を、角膜かそれ以外の部位かで推測し、要因を定量的に表現します。
●見え方シミュレーション機能と徹照像は、インフォームドコンセントに有用です。
●角膜形状ナビゲーションソフトウェアにより、スクリーニング判定をサポートします。
●測定領域が広がり、測定ポイントも増えたことで、より正確でわかりやすい情報を取得可能です。
●オールインワンのコンパクトデザインです。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。