レゼクトスコープ外管 K26040 SL
製造販売企業:エム・シー・メディカル株式会社|製造企業:カールストルツ・エンドスコピー・ジャパン株式会社(日本)

● 製品について

0°のテレスコープを使い、ループ電極の先端が常に視野の中心にくるようにすることにより、処置の安全性が高まります。
ループ電極の先端が視野の縁や視野の外に出たりすることがありません。2本の同心円シースを通じて、子宮腔拡張のために灌流液を流入したり、子宮腔の持続灌流を行うため、灌流液の注入や排出を行うことが可能です。このような特長は、出血時などに不可欠なものでる。ワーキングエレメントを操作していない場合、電極ループはシース内に安全に収納されます。(I.MAZZON.M.D.)

● 特長

●HOPKINS II®テレスコープ K26105 FA/BAと組み合わせて使用
●熱耐久性に優れたセラミック・ピーク
●インナーシースの交換が可能です。
●セラミック絶縁付インナーシース K26040 XAを含む
●ワーキングエレメント K26050 E/D, K26040 EB/DB用

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。