ミニチュアテレスコープ K11510 A
製造販売企業:エム・シー・メディカル株式会社|製造企業:カールストルツ・エンドスコピー・ジャパン株式会社(日本)

● 製品について

早期出生前診断のための妊娠初期および中期の胎児診断において、超音波検査法による診断能ではしばしば限界に達することがあります。形成異常の生じた胎児をさらに詳しく調べるのにfetoscopyが使用できます。長い間、診断用fetoscopyの開発には、侵襲性が高いという壁に阻まれてきました。しかし、技術の進展により、経腹的に刺入した1.3mm外套針を通して使える直径1mmのセミリジット内視鏡の開発に成功しました。この内視鏡を用いることで、胎児の鮮明な外観イメージが得られ、胎児組織にアクセスすることが可能で、同時に羊水穿刺を行うことができます。(Prof.Y.VILLE M.D.)

● 特長

●プロテクションチューブ(K11510 P)付
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。