血管閉塞用カテーテル プルット 腹部大動脈オクルージョン・カテーテル

● 製品について

【低侵襲かつ速やかな血流の制御】
破裂性もしくは漏出している腹部大動脈瘤の血流制御に、最大50ccのバルーンにて有効に行えます。剥離やcross-clamping(遮断)が難しい場合、動脈瘤に辿りつくのに時間がかかる場合、大動脈が石灰化して不必要な血流遮断を避けたい場合等に、このカテーテルが有効的です。

● 特長

●迅速に動脈瘤治療での血流を制御
●挿入しやすいように腰のあるフレキシブルな専用スタイレットを附属
●大動脈の血流にも耐えうる設計
●灌流用のチャンネルには、スタイレットの挿入や血流の制御、薬剤等の注入もできるよう、ストップコックも附属
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。