手撮像用小型MRI コンパクトTスキャン

● 特長

●クラス最小の設置スペース/軽量設計。
●手首から指先まで診断可能な220mm×220mmの広い撮像視野。
●手全体の疾患を読像したい際にも手先/手首と別けて撮像する必要がなく、撮像部位を再セッティングする時間を削減できます。
●コンパクトTスキャンは基本特許を取得した、外来ノイズ(電磁波)を大幅に削減するローカルシールドを内蔵。
●ウィザード形式採用のソフトウェア。
●本体下方に広い空間を確保したガントリーデザインを採用。 膝が装置下方に入るため、患者さんは椅子に座った状態で無理のない、自由な姿勢で撮像を行えます。
●コイルは左右に90°回転するため、両手撮像時の体位再調整時間の短縮を可能にし、患者さんの移動距離を少なく抑えました。(片方ずつの撮像)
●一般家電並の1kW、100V院内電源コンセントで稼働します。環境に優しい低電力設計です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。