DICOM動画サーバ Kada-Serve

● 製品について

【1台4役の高機能DICOM動画サーバ】
「Kada-Serve」はアンギオやIVUS、超音波、CT、MRIなどのDICOMデータを受信し、管理するDICOM動画サーバです。DICOM データを保存すると同時に、軽量サイズのWindows Media Videoファイル形式も自動で作成し、DICOMデータ(原本画像)とWMVデータ(参照画像)の両方で運用できます。それにより、DICOMサーバとしてだけでなく、Webサーバ、マルチゲートウェイサーバ、レポートサーバとしても活用でき、1台4役のコストパフォーマンスを得られます。

● 特長

●DICOMサーバとしてだけでなく、Webサーバ/レポートサーバとしても運用可能なローコスト・コンパクト設計
●複数の装置/サーバ/端末でのデータ送受信をコントロール可能なマルチゲートウェイ機能搭載
●WMV形式により、HIS/RIS/PACSなどの院内システムとシームレスな連携を実現
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。