1チャンネルフリーラジカルアナライザー APOLLO 1000

● 特長

●ティシュバス内の血管収縮実験から複雑な生体内実験まで、ほとんどの実験装置に組み込むことができる、極めて簡単な非絶縁型のアナログ出力を備えたフリーラジカル分析装置です。
●研究者が選択できるゲインのセンサー電流は調節可能なアナログフィルターブロックに通し電圧に変換され緩衝された後に出力されます。
●多用途ユニットのAPOLLO 1000は多種多様のセンサーが使用できます。
●安定した電圧は外部コマンドによってコントロールできます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。