ディスポーザブル脊髄くも膜下麻酔針 ペンシルポイント(円錐タイプ)
製造販売企業:株式会社ユニシス

● 製品について

【安心と高性能を両立したユニシスのフラッグシップ】
針先のついたCuttingタイプの脊髄くも膜下麻酔針において穿刺孔から流出するCSFの問題はPDPH(硬膜穿刺後頭痛)を誘発します。刃先のないNoncuttingタイプのペンシルポイント針は穿刺孔の素早い閉塞によりPDPHの低減に有効です。
ユニシスのペンシルポイント針は使いやすさと高品質により世界中のドクターから高い評価を得ています。

● 特長

●独特な開口形状により、良好な穿刺感が得られます。
●リコールバック性能はトップクラスです。
●クリスタルクリアーハブにより、CSFの確認が容易にできます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。