ディスポーザブル多用途穿刺針(PTCD用チバ針)
製造販売企業:株式会社ユニシス

● 製品について

【多彩な用途に合わせてひろがるバリエーション】
経皮胆管胆道ドレナージ(PTCD)用の穿刺針として開発された“チバ針”は現在では造影・エタノール注入・生検など他用途に使われております。チバ針に求められる切れ味のよさと柔軟性(Skinny)に特に注意して製造されております。
チバ針は千葉大学の奥田邦夫先生によって開発された穿刺針です。

● 特長

●ラインナップが豊富です。
●刃面角は20°(標準)を採用しています。
●肉薄チューブを採用しています。

●刃面角は20°(標準)を採用し、穿刺時の組織の損傷を最小としています
●外針と内針は細心の注意で組み立てられており、刃面の間の組織のつまりなどの問題を極限しております
●針先は刃面の裏側に左右の小さな第二刃面をもっています。直進性と、穿刺性能にすぐれており、患部に対する組織ダメージを最小にし、同時に肉薄のパイプを採用したことで柔軟な刺入が可能です
●切れ味感の違いで、先端角度のバリエーションがございます。30°(ショートベベル)は、適度な抵抗があり、20°は穿刺性が良く、切れ味が良い特長があります
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。