炭酸ガスレーザー スマートサイド
製造販売企業:株式会社DEKA JAPAN

● 製品について

【様々な診療分野で活躍する汎用性に優れた炭酸ガスレーザー】
10,600nmの波長を有するCO2レーザー(炭酸ガスレーザー)は、水への吸収度が高い性質を利用した、皮膚・軟組織の止血・切開・蒸散・凝固を目的としたレーザー治療機器です。 熱影響が限局的なので、正常組織へのダメージを最小限に抑え、腫れ・出血・痛みの少ない低侵襲な治療が可能。皮膚・形成外科領域においては隆起性病変の除去などに使用される他、耳鼻科・婦人科・歯科など幅広い診療科目で活躍しています。スマートサイドに採用されている多関節アーム式マニピュレータは、軽量で柔軟性に優れ、可動範囲も広いので、よりスムーズな動きを実現。また、劣化が少なくコストパフォーマンスにも優れています。

● 特長

●正確で優れた機能性の多関節アームマニピュレータ採用
●簡単な操作性
●コンパクトで軽量ボディ
●スキャナー装着で臨床応用が拡大します(オプション)
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。