DVR®アナトミックプレート

● 製品について

橈骨遠位端骨折治療における掌側アプローチの草分け的存在として、2000年に米国で発売されて以来、幾度にもわたるデザイン変更を経てきたDVR®アナトミックプレート。
解剖への適合性、効率性、正確性、簡便性をご体験下さい。

● 特長

●解剖学的デザイン:骨形状への自然な適合と腱損傷リスクの低減
●F.A.S.T.ガイド®テクノロジー:手術の効率性、簡便性の追求
●三次元的なペグ配置:橈骨遠位関節面の理想的な支持
●角度固定式Kワイヤーホール:正確なプレート設置位置の確認
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。