模擬体験装具 こうれいか(大セット)

● 製品について

【お年より体験模擬たいけん用具。体験することで、理解を深めます。】
模擬体験装具は十数年間にわたり医療系の大学や介護担当者の教育、市民への啓蒙活動などに利用されています。利用者からも好評で、「医療職にかかわる者としてお年寄りの不自由さが実感できた」、「バリアフリーの必要性を理解できた」など数々の評価をいただいています。私たちは、子どもたちが模擬たいけん用具"こうれいか"を利用することにより、道路や交通機関のいわゆる物によるバリアフリーの必要性を理解するだけでなく、からだの不自由なお年寄りを見かけたら自発的に手助けをする、そんな"心のバリアフリー"教育の手助けになればと願っています。

● 特長

●日下病院 川村次郎院長および積水ハウス株式会社と共に考案・開発した"模擬体験装具"を小学校高学年の児童や、中学生でも使用できるように仕様変更を行ったものです。
●くびの用具は、あごを上に押上げた状態を保つため、自然に背中と腰がまがります。
●ひざの用具は、ひざの関節をまげた状態に保つので、お年よりに見うけられる、ひざまがりを再現できます。
●あしの用具は、用具のつちふまず側にウェッジ(くさび)をつけ内側を高くしてあるので、あしが自然にO脚になり、またあしくびを固定することで、あしの関節が硬くなり歩きにくくなります。
●貸出機をご用意しておりますので、ご購入前にご試用いただけます。
※模擬たいけん用具"こうれいか"は、くびの用具、ひざの用具、あしの用具の3点全部を着用の上ご利用ください。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。