3次元立体構築・計測ソフトウエア ZedEdit
製造販売企業:株式会社レキシー

● 製品について

ZedEditはCT、MRI、マイクロCTや産業用CTで撮影した2次元スライス画像から、3次元可視化や計測を行うソフトウェアです。 3次元形状データをSTL/DXFデータとして出力し、外部アプリケーションによる有限要素法解析やラピッドプロトタイピングによる実物大臓器立体モデルの作成などにも応用できます。

● 特長

●CTやMRIなどのスライスデータから3次元モデルを作成し、計測、シミュレーションを行う事ができるソフトウェアです。
●読込可能データはDICOMをはじめ、BMP/TIFF/Rawデータにも対応しております。また作成した3次元モデルをSTLまたはDXFデータとしてエクスポートすることができます。ラピッドプロトタイピング(Rapid Prototyping)による実物大臓器立体モデルの作成や各種シミュレーション、CGなど様々な用途への応用が可能となります。
●外部で作成したSTL形状データをインポートすることも可能ですので、ZedView上でシミュレーション評価することができます。
●データベース機能も備えており、読み込んだデータを一括管理する事が可能ですので、データ管理も簡単に行っていただけます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。