半導体測定チャンバー SSMC 601(Telamat XB3)
製造販売企業:Claymount

● 製品について

X線のドーズ量を計測するために、特別に開発され、コストエフェクティブな材料に埋め込まれた、
医療用ラジオグラフィー用半導体製測定チャンバーです。

● 特長

●X線露光エラーのない自動露光制御(AEC)のためのX線ドーズ量検出用に、患者とイメージングデバイス(X線フィルムやX線検出器)の間に設置され、低いX線管電圧でも保証されます。
●素子の不可視化
●少ないX線吸収量
●高効率
●少X線散乱
●機械的安定性
●高信頼性
●ユーザーフレンドリー
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。