光ファイバー型IABカテーテル TRANS-RAY 7Fr.

● 製品について

【IABP患者にとって最適な治療】
光ファイバー技術を用いた圧センサーによって動脈圧を測定可能にし、圧ルーメンを細くすることにより従来品より低侵襲な7FrのIABカテーテルが誕生しました。画期的亜光ファイバー技術との融合によって、体内で自動的にキャリブレーションを行うことも可能です。

● 特長

●7Fr.のIABカテーテルは光ファイバー技術によって可能となりました。より多くの患者さんがIABP治療を受けることが可能になります
●7Fr.カテーテルは8Fr.カテーテルと比べて末梢血流量が15%増加します(4.0mm径の大動脈模型の場合)
●特許取得済のブロー成型によるポリウレタン製のバルーン膜(Durathane膜)
●光ファイバー型センサーが正確な圧信号を瞬時に大動脈内バルーンポンプCS300に送信
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。