薬物動態シミュレータ SPS-139
製造販売企業:大研医器株式会社

● 製品について

ターゲットとする薬物の血中濃度と効果部位濃度を実時間でシミュレート。結果は数値とグラフで表示します。投与計画を立ててシミュレートしたり、TCI(Target Controlled Infusion)した場合の投与速度のシミュレートができるので、予習、復習として活用できます。

● 特長

●設定した濃度を下回るまでに要する時間を計算して表示
●薬物の効果がなくなるまでの時間を予測
●アプリケーション上で計算されたガンマ計算結果を転送、設定可能
●3チャンネルで、3種類の薬物の薬物動態を同時にシミュレート
●投与履歴を修正して再計算可能
●任意の薬剤を登録することが可能、薬物動態パラメータも任意に設定可能
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。