胚様体形成用プレート AggreWell 400Ex
製造販売企業:株式会社ベリタス|製造企業:StemCell Technologies社(カナダ)

● 製品について

ヒトES細胞/iPS細胞を分化させるプロトコルの多くは、胚葉体(Embryoid body:ED)と呼ばれる3次元の集合体を形成することから始まります。
従来のEB形成方法は、細胞クランプを得るために未分化細胞をスクレイピングし、浮遊培養により凝集体を得ます。
スクレイピング法で回収したEBは、サイズや形が不均一なため、分化は非効率的でコントロールすることができないという問題がありました。
AggreWellは、1つのウェルの中が400μmあるいは800μmの径のマイクロウェルに分割されており、シングルセルサスペンションセルをプレーティングして、遠心後24〜48時間培養する事で高度に均一なサイズのEBが形成されます。
均一なサイズのEBは、効率的に様々な細胞に分化させることが可能で、Aggrewellを使用することによりEB作成が標準化され、実験の再現性が向上します。

● 特長

●サイズと形の均一なEBの形成が可能です。
●高い再現性があります。
●EBサイズのコントロールが可能。シングルセルサスペンションの細胞量を調整する事で希望する細胞数のEBを作成できます。
●50〜3,000個の細胞を含むEB作成用です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。