全自動赤血球沈降速度測定装置 モニター12
製造販売企業:株式会社常光

● 製品について

ランダムアクセス方式のコンパクト全自動赤沈測定装置です。独自の真空採血管により、微量(1.28mL)の検体で測定可能です。

● 特長

●ランダムアクセス方式ですので、検体の発生順に、つぎつぎと連続測定ができます。
●基準温度(18℃)への結果補正(温度補正)が自動的にできます。この補正はマンレー曲線に基づいています。
●RC-232Cオンライン・インターフェースを標準装備しておりコンピュータとの接続が簡単にできます。
●独自の真空採血管(減菌済)による完全クローズドシステムなので、感染の恐れが一切ありません。
●レート法により30分で1時間値を測定し、ウエスターグレン法に換算して表示します。ウエスターグレン法と完全な相関があります。
●サーマルプリンターが標準装備となります。セットした各検体の測定が終了次第、順に測定結果が自動印刷されます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。