GpHS(Gastric pH Sensor)経管栄養カテーテル胃内留置確認pHモニター

● 製品について

【用途や目的に合わせて選べるケミカル機器の「医療用」pHモニター】
経管栄養カテーテルに事前にセットし、患者へのカテーテル挿入時にpH値を測ることで、カテーテルの胃内留置を確認できるモニターです。親水性コーティングによるセンサーで、カテーテルへの挿入・抜去がスムーズに行えます。

● 特長

●5.5Fr以上のカテーテルに対応可能です
●反応時間が短いため、即座にpH値でカテーテルの胃内留置を確認できます
●pHセンサーは消毒・滅菌が可能なため、複数回使用できます
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。