バイポーラ高周波ナイフ Jet B-Knife

● 製品について

【手技時間の短縮をめざして進化したバイポーラ針状ナイフ】
針出長を固定化することで手技時間の短縮をめざしました。さらに注水機能によって病変部のクリアな視界を確保し、切開性能の持続を図りました。

● 特長

●長年にわたりバイポーラスネアで培った構造を採用し、切れ味の向上と消化管穿孔回避を追求しました。また病変部周辺組織への熱損傷を低減したESDの処置が可能となります。
●先端の針を1.5mmと2.0mmの長さで固定することで先端長の調整が不要となり、手技に集中できることによる処置時間の短縮を図りました。
●注水機能を採用することにより、病変部のクリアな視界を確保できます。また針先端への組織片付着などを洗浄することにより、切開性能の持続が図れます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。