超小型単板式フルハイビジョンカメラ MKC-210HD
製造販売企業:池上通信機株式会社

● 製品について

新開発1/3型フルハイビジョン(1,920×1,080)CMOSを採用し、高画質: 水平解像度900TV本、S/N50dBを実現。W31×H31×D36mmの超小型カメラヘッドで、医療分野において優れた運用性を発揮します。

● 特長

●撮像素子には、新開発220万画素1/3型CMOSを採用。限界解像度900本・S/N 50dBの高画質、感度F7/2,000lxの高感度を実現
●映像処理部に放送用カメラにも採用されている高性能デジタルプロセスを採用。常に安定した高画質と高い信頼性
●映像出力は、デジタルHD信号(HD-SDI)、DVIデジタル信号(1,920×1,080)の他、NTSCコンポジット信号(VBS)、S-VIDEOを装備
●被写体の光量の変化に応じて、常に最適な映像レベルを保つことができる電子シャッター(シャッターアイリス)機能を装備
●オートアイリス対応型カメラアダプタ、レンズ等に接続することで、精度の高いアイリス制御が可能
●光学機器による光学反転(リバース)に対して、デジタル処理にてテレビ映像を正像に合わせる上下・左右映像反転機能を搭載
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。