デジタル式乳房用X線診断装置 AMULET Innovality
販売企業:富士フイルムメディカル株式会社|製造販売企業:富士フイルム株式会社

● 製品について

【複数の断層像で乳房内部の構造が観察可能な「トモシンセシス」に対応】
AMULET Innovality −FUJIFILMが、革新(Innovate)技術でマンモグラフィ検査の品質(Quality)を追求しました。FUJIFILMオリジナルa-Se直接変換FPDを搭載し、低線量化を実現、また新画像解析技術を搭載したi-AECの併用で乳房ごとの線量最適化を実現しました。
マンモグラフィ撮影〜BIOPSY〜トモシンセシス〜ステレオマンモグラフィとあらゆる検査が最適なワークフローで提供可能になるように進化を遂げたマンモグラフィシステム。FUJIFILMは、「AMULET Innovality」で質の高い検査と診断画像を提供します。

● 特長

●マンモグラフィで使用されるX線スペクトル領域で変換効率が優れたSe(セレン)を用いた直接変換方式のFPDに、当社が新たに開発したHCP構造のTFTパネルを搭載。X線から変換された電荷を高精細かつ高感度で効率的に収集し、従来の正方TFTよりも高いDQE(量子変換効率)を実現することで低線量撮影が可能となりました。
●異なる角度から乳房の画像を複数撮影し、その画像を再構成して乳房内の断層画像を生成するトモシンセシス機能に対応(オプション)。複数画像を再構成することで、ノイズを平均化し、見たい構造に焦点を合わせた画像を提供できます。
●低線量で模擬撮影した画像を解析することで、乳腺濃度(乳腺量)、インプラントなど(異物)の有無を瞬時に判断し、撮影線質(X線の強弱)・線量を決定します。
●体の形にフィットする安定感のあるアームレスト、顔が触れる箇所に凹凸を無くしたフェースガード、温かみのある間接照明、撮影室の雰囲気に合わせて選択できるデコレーションラベル(オプション)が、受診者の緊張を和らげます。
●ワンタッチで設定した角度に撮影台を回転させることができるシングルタッチ機能、患者情報とポジショニング情報を切り替え可能な患者情報表示機能、照射野サイズに合わせて自動で照射位置を切り替える自動照射野シフト機能などが、検査効率を向上させます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。